信用金庫のカードローンを持っています。便利なものです。でもきちんとカードの勉強もしましょう。

 

カードローン9
カードローンを持っている人は限られます。
誰でもが簡単に手に入れる事が出来るものは、大抵は金利が高いと思って間違いありません。
私の友人なんかもそうですが、意外と金利を気にしていませんよね。
よほど生活に追い詰められていなければ、たいした金利だと思わないのです。
でも、金利については少し勉強しておいた方が賢明だと思います。
一言、言っておきます。
お金は、そんなに簡単に貸してはくれません。

 

簡単に貸してくれればくれるほど、何故だろう?と考えましょう。
カードローンの金利は有名なところはみんな18.0%です。
これが皆さんが使っているものです。
私は信用金庫のカードローンを使っています。
金利は13.0%です。不思議ですよね。金利が違うなんて。
答えは簡単です。審査が厳しいのです。

 

それと、これが一番大きいのですが、その銀行なり信用金庫と付き合いが有るか無いかが大きい鍵になります。
私の場合は、この信用金庫から事業を始める時に融資を受けました。
もちろん、カードローンと融資では、はっきり言って金額の額が違います。融資の審査を通るのに大変な思いをしました。
それに比べたら、カードローンなんか軽いものです。
逆に、カードローンは必要ありません、と言っても、融資の条件にカードローンの契約も入っている場合が多いですね。

 

それ以外に、何があると思いますか。
簡単です。まず、定期貯金を始める事。インフラ料金の支払いをそこの口座から行う。給料の入金をそこで行う。
年金なんかは凄く喜ばれますよ。
信用金庫の私の場合の説明をします。
30万と50万のコースがあります。金利は13.5%と普通のものより安いです。
返済の方法は、30万円のコースで月に1万円です。50万円のコースで月に1万5千円です。
これの中には、利子が含まれていますから勘違いしないでくださいね。
元金だけを返済しているのではありません。
大体、2割は利子だと思ってください。

 

誰でも感じると思いますが、なかなか返済は終わりません。
終わった時は、本当にほっとするものです。
使わない事にしたいのですが、使って生活が楽になったり、楽しみが増えるのなら、使ってもいいと思います。
昔の借金のイメージとは違いますからね。

 

⇒トップへ戻る