カードローンで買い物しすぎて憂鬱な日々を過ごした

 

私は、平凡な家庭で育ちました。父も母も仕事ばかりで見た目にも気を使わない性格でした。そんな、両親が嫌で中学生からファッション雑誌を見ては、いつかブランド物を持ってセレブな生活をしてみたいと夢を持つようになりました。
高校での周りの子は、バーバリーやプラダ、ヴィトンなどの財布やバックを持っていました。
大学の頃は、BMWやワーゲンの車に乗って通っている子もいました。私もバイトをしながらプラダの財布を買ったり、何万もする服を買っていました。
友達に羨ましがられるのが快感になってしまい、毎月のバイト代はブランド物で消えて行きました。
そんな生活をしながら就職をして、初めてクレジットカードを手にしてから更にお金の使い方が狂ってしまいました。
初めてローンを組んだのは、時計です。15万ほどしました。
毎月1万くらいなら楽勝だと思っていました。

 

その次に、英会話を習うために30万のローンを組みました。
そして、パソコンやカメラなど高額なものは全てクレジットカードローンにしました。
毎月の服や美容代にも相変わらずお金をかけていたので、毎月赤字状態。
それでも、周りの人に羨ましがられたい、お金を持っている子だと思われたい気持ちが強くて、ブランド物を持っている自分を捨てることができませんでした。
その時の家での生活は本当、ただの引きこもりです。
お金もないので1日中youtubeを見て過ごす日々。

 

実家暮らしだからどうにか我慢すれば、過ごせるだろうなんて甘いことを考えていました。
どんどん、お金が回らなくなって友達と遊ぶこともできなくなりました。
見栄のために一体何をしているんだろうと後悔しました。
支払いが完済するまで5年かかりました。
本当に苦しかったですね。
カードローン7
あんな日々は二度と味わいたくないです。
今では、カードを使ったらすぐにカード用の口座にお金を入れるようにしてます。
ブランド物も全て売りました。身の丈にあった生活がこんなに楽だなんて気付きもしませんでした。
両親の生活の仕方は、今では私のお手本です。

 

⇒トップへ戻る