気軽に利用したつもりがいつの間にか何社にも膨らんでしまった。

 

カードローン1
カードローンは今やインターネットのバナーにも頻繁に登場する時代になってきました。私も過去にカードローンでキャッシングなどを利用していましたが、このキャッシングは非常に良い面と、リスクを伴う面と、紙一重な事に気付きました。実際、私の体験談ですが、ご紹介させて頂きます。最初は軽い気持ちで3万円位借りようと大手のカードローン会社に申し込みをしました。

 

審査の結果、50万までの枠を用意して頂けました。私としては3万円位なら何時でも返せると軽い気持ちで申し込みをした事が波乱の幕開けとなってしまいました。当初は3万円だけという気持ちが、飲み会や遊ぶ機会があるたびに、お金を借りては、また借りてはと、カードローンで得るお金を自分のもともと持っているお金だと錯覚に陥ってしまっていたのです。気づいた時には50万の枠ギリギリまで借りていました。しかし、その今までのカードローンという魔法での不自由ない生活に慣れてしまっていた私は、今度は新しいカードローン会社に申し込みをしてしまいました。そこそこ年収もあったために2社目もすんなり審査が通りました。その後はもはや制御がなかなかつかず、返さなければという思いはもちろん頭の中にはあるのですが、毎月の返済金額もリボ払いで少額だったために、まだ大丈夫だろうと言う甘い考えが頭の中に充満してしまったのです。気づけばカードローンは合計で150万位に膨れ上がり、何社も毎月の返済に追われる日々となってしまいました。当時の私は、もういわゆる借金で首が回らない状態に陥り、親に助けを求めました。

 

もちろん父親からはひどく勘当され、母親にも多大な悲しみを与えてしまいました。結局、親の助けを借りて複数社のカードローンは全て返済いたしました。今は当時親に助けてもらった金額を毎月少しづつではありますが、親に返済をしています。カードローンは最初はとても、スムーズに審査も通り、借りやすく、また借入限度額も自分の思っている以上に枠をくれる事があります。ただ、その限度額に惑わされて、ここまで借りれるんだと、決して思ってはいけないと身をもって感じました。これから、カードローンを組む予定の皆様、カードローンは最初は窓口が安易で高額な限度額をもらえるかもしれませんが、どうぞその限度額に惑わされず、必要な範囲内で今までの生活水準を乱すことなく、カードローンと良い付き合いをして頂けたらと、以前、恥ずかしくもカードローンで失敗した私からのせめてものアドバイスをさせて頂きたいと思います。お金は世の中でとても大切なモノです。しかし、お金に振り回されてしまっては周りの人間関係やお金では決して得ることのできないモノまで失ってしまう恐れがある事を覚えておいてもらいたいと思います。

 

家賃と水道光熱費の支払いのためにカードローンを利用しました

 

私は前にパチンコでお金を使いすぎてしまい、ほとんどお金が無くなってしまった時期がありました。その時私は一人暮らしをしていたのですが、お金が無くなったことで家賃や水道光熱費の支払いなどが出来ない状況になってしまったのです。

 

最初は親にお金を借りようと思っていたのですが、それまで色々と迷惑をかけてきたこともあり、言い出すことが出来ませんでした。そこで利用したのが消費者金融のカードローンです。私の友人にも消費者金融でお金を借りたことがあるという方がいたので、その方が利用していた大手の会社のサービスを自分も利用することにしました。

 

申し込みは最寄駅に設置してあった無人契約機で行いました。誰にも見られることなく申し込みが出来る点は良いと思いましたし、音声ガイダンスに従って画面に必要事項を入力していけば良いので簡単でした。途中で設置してある電話で担当者の方と話し、そこで何の目的でお金を借りるのか等の簡単な質問がありました。身分証明書については免許証で良いという事で、他に特に必要となる者は無かったので面倒なことも無かったです。

 

審査に入るとその場で30分ほど待ちました。それから審査結果が出て、無事に審査に通ることが出来たのです。するとカードローンを利用する際に必要となるカードが発行されて、すぐにお金を借りることが出来るようになりました。
カードローン2
その後はATMで住んでいるアパートの家賃と水道光熱費の支払いに必要な分のお金をカードローンで借りました。おかげで支払いを鉛丹せずに済みましたし、利用方法もとても簡単で便利なものだと思いました。特に申し込みをした当日に借りることが可能と言う点は、急いでお金を用意しなくてはならない人にとってとても大きなメリットでしょう。私自身も今後またお金が必要な状況になったらカードローンを利用しようと思います。

 

キャッシングの借りすぎに注意!

 

自分がキャッシングすることになった理由はカード代の支払い費用がどうにも準備できなかったからです。どうしようかといろいろ考えたのですが、考えてもお金になるわけではないので、消費者金融も申し込むことにしました。審査の段階も特に問題なく進みました。電話口で会社の人からは融資額の設定について聞かれました。自分としては20万あればよかったので、「20万でお願いします」と言うと、「100万までお貸しできます」という返事でした。

 

自分でも20万しか必要ないのに100万借りる理由はないと思ったので、それについては断ったのですが、結局50万円借りることになりました。自分としても20万以上借りないつもりでしたし、残りの30万も本当の万が一のときに借りるだけにしておこうと決めていました。しかし、いつでもお金を引き出せるカードを持っているというのは、よっぽど自分の意思が強くなくては駄目なんだなと今では思います。そのときも結局残りの30万円も数か月で借りてしまったと思います。何のために借りたかは覚えていないので、生活費代わりにお金が無くなれば引き出してということを繰り返した結果だと思います。結局50万でも足りずにいつのまにか増額申請をして、結局は100万円を借りてしまいました。さすがにこれ以上借りると取り返しのつかないことになるかもしれないと思い、それ以上謝金を増やさないように努力しました。

 

ただ、そうはいっても限度額を100万から増やすことは無かったですが、少し返してはまた借りてということの繰り返しだったので、最初は3か月で返してしまおうと主tt絵申し込んだのに、完済するのに4年ほどかかってしまいました。これからキャッシングしようと思う人に対してのアドバイスは、必要な金額しか借りてはダメということです。自分は計画的に返せるから大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、人間は弱いので新たに借りてしまう人が多いのです。その弱さは認めて上限金額を増やせないように設定するなどの工夫はとても大事だと思います。
カードローン3