使いすぎてしまった時にカードローンで危機脱出!

 

私は、クレジットカードでの支払いがほとんどですが、家賃や光熱費は現金での支払いにしています。
家賃は、面倒くさいのですが契約の時に振込しかできないと言われ振込になっています。
自分のお小遣いは、支払いの分をきちんと計算してから使うようにしていました。給料が入ったらすぐに家賃の振込や光熱費を支払って、クレジットカードの支払い分を取って、やっと自分の使えるお金が決まります。
カードローン6
しかし、仕事が忙しくてすっかり家賃の振込をしたもんだと勘違いしていました。いつも通り、お金を仕分けてから余った金額が思ったより多いなと感じていたのですが、残業もしたからかなと思ってラッキーなんて思っていました。
ちょうど欲しかった服もあったり、久しぶりに会った友人と飲みに行ったりと楽しい日々を過ごしていた日、電話がきました。
それは、保証会社からでした。
家賃を振り込んでいないのでこちらで立て替えましたという連絡でした。
私は、通帳の記帳も忘れていてすぐに銀行で確認したところ、すっかり振込を忘れていたのです。

 

今まで、忘れたことが1度もないのに勘違いして使ってしまったことに後悔と恥ずかしさの気持ちでいっぱいになりました。
保証会社には、手数料2000円を家賃に上乗せして明日中に払う約束をしました。
しかし、すでに給料日1週間前で家賃を払えるお金がなかったのです。使う前に注意!信用金庫のカードローンを持っています。便利なものです。でもきちんとカードの勉強もしましょう。

 

とりあえず、服や本を売りに出しましたが大したお金にならず困ってしまいました。親に頼むのも恥ずかしくて、どうすれば良いか考えました。
結局、いつも使っている銀行のカードローンでお金を借りることに決めました。
習い事でずいぶん前に利用していたもので、暗証番号もうる覚えでしたがどうにか思い出して借りることができました。
使わないようにしてきましたが、いざという時に、借りることができて本当に助かりました。
すぐに返したい時はATMからできますし、返せる日が早ければ手数料も安くなるのでとても便利でした。

 

⇒史上最強カードローン体験記へ戻る