私のカードローンの体験

 

私は以前、大手の製造会社に勤めていました。8年ほど前に工場が閉鎖となりまして、本社に転勤を勧められたのですが、家を購入していましたので、退職することにしました。会社都合での退職でしたので、退職金は多めにもらうことが出来ました。その時はまだ、お金に困ることはありませんでした。退職金を利用して、フランチャイズのお店を開店しました。

 

開業資金と運転資金や生活費でお金はあっという間に少なくなっていきました。生活が大変になりました。日々の生活の中で、どうやって節約をするか、お金の工面をどうするかを考えました。とりあえず、地元の銀行から、100万円借り入れをすることが出来ました。親からもお金を借りることが出来ました。それでも生活は大変で、お店も軌道に乗せることができなくて、消費者金融の無人契約機に行くことにしました。無人契約機は初めてでしたので、不安でしたが、オペレーターに教えてもらいながら、画面の操作をしました。その時、身分証目所の提示がありましたが、車で行きましたので、運転免許証を提示しました。仕事場に確認の電話がありましたが、ばれずに済みました。その無人契約機は幹線道路沿いの店舗でした。

 

無人契約機は人目を気にすることなく利用できるので、無人なんですけど、安心できました。当時は総量規制が始まる前でした。契約は安心してできました。翌月からの返済がありますが、無人契約機では、自宅から遠いので、セブンイレブンのATMを利用しています。生活がかなりきつくなりましたので、お店を閉店をして、会社員として働いています。カードローンは計画的に利用をすれば、とても便利になると思います。利息は当然ありますので、その点を注意する必要があります。現在は完済をすることができました。カードローンは最後の手段にしたほうがいいと思いました。
カードローン8